[WordPress]記事内で更新日を取得するget_the_modified_date()を極める

投稿者:  |  公開日 :  |  更新日 :

WordPressの記事内で日付を取得する「get_the_modified_date()」を極めてみようと思います。

get_the_modified_date()について

「get_the_modified_date()」は記事内で最終更新日を取得するためのテンプレートタグで、このテンプレートタグのみでは出力されないので、表示させたい場合は「echo」を併用する必要がある。また、変数などに渡せば最終更新日を条件にして処理を分けたりすることもできる。
また、このテンプレートタグでは最終更新日のみが取得されるので、公開日を取得したい場合は「get_the_date()」を利用すること。

get_the_modified_date()のパラメータについて

「get_the_modified_date()」には2つのパラメータがある。

get_the_modified_date( ① フォーマット, ② 投稿ID)

① フォーマット(文字列)
ここに規則に乗っ取った文字列を入力することによって取得する日付の形式を指定することができる。フォーマットの形式については「日付と時刻の書式」を参考。デフォルトは管理メニューの「設定」->「一般」何にある日付フォーマットの形式で取得される。

② 投稿ID
投稿IDを指定することで特定の投稿記事に設定された日付を取得することができる。デフォルトは現在の投稿に設定された日付が取得される。

get_the_modified_date()の使用可能な場所

get_the_modified_date()は投稿のループ内で使用可能となっており、通常の投稿ループ内やアーカイブページで表示させる記事一覧内など使用できる。その他に月別のページで使用することもできる。

get_the_modified_date()の使い方

「get_the_modified_date()」は最終更新日の日付を表示させるためのテンプレートタグではなく、最終更新日の日付を取得するためのテンプレートだということを理解しておく必要がある。なので、ページ上に表示させたい場合には「echo」を併用する必要があるので注意すること。また、フォーマットのパラメータの仕様についても十分に理解しておく必要がある。

逆に日付を取得するということを理解できれば、日付を表示させるためだけでなく、記事の最終更新日の日付を条件にして特別な処理をすることもできることも頭の中に入れておけば、何かの役に立つだろう。

get_the_modified_date()で日付を取得して表示させてみる

まずは単純に日付を表示させてみよう。下記のコードを実行してみる。


スポンサーリンク
<?php echo get_the_modified_date(); ?>
2018年9月25日
2018年11月4日

上記のようにパラメータでフォーマットを指定したかった場合は「設定」→「一般」にある「日付のフォーマット」がフォーマットとして取得される。

get_the_modified_date()のフォーマットのパラメータを変更してみる

「get_the_modified_date()」のフォーマットのパラメータを変更してみよう。コードは下記の通り。

<time><?php echo get_the_modified_date('Y-m-d'); ?></time>
<br>
<time><?php echo get_the_modified_date('Y年m月d日'); ?></time>

<time>2018-11-04</time>
<br>
<time>2018年11月04日</time>

フォーマットの形式については「日付と時刻の書式」を参照。

get_the_modified_date()の投稿IDのパラメータを変更してみる

「get_the_modified_date()」の投稿IDのパラメータを変更してみよう。初めに該当の投稿の日付を取得し、次に投稿IDが「6」の投稿を取得してみる。フォーマットを指定せずにWordPressの設定を反映させたい場合は、シングルクォーテーションで空にする必要がある。コードは下記の通り。

<time><?php echo get_the_modified_date('Y.m.d'); ?></time>
<br>
<time><?php echo get_the_modified_date('Y.m.d',6); ?></time>
<br>
<time><?php echo get_the_modified_date('',6); ?></time>


<time>2018.11.04</time>
<br>
<time>2018.11.05</time>
<br>
<time>2018年11月5日</time>

上記のように指定した通りに表示された。

まとめ

これで「get_the_modified_date()」のテンプレートタグについてお極めいただけたのではないでしょうか。通常のブログや記事であれば公開日「get_the_date()」と更新日「get_the_modified_date()」を表示させおけば良いと思うが、時間まで表示させたい場合は、「get_the_time()」などを使えば実現できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です