Google Chrome 69 でwwwのサブドメインを表示させる方法

投稿者: | 2018年9月8日

Google Chrome 69 からドメインに含まれるwwwのサブドメインが省略されて表示されるようになりました。

当サイトもデフォルトではサブドメインに「www」を表示させるようにしているのですが、「Google Chrome 69」にアップデートした後は、下記のように「www」が表示されなくなってしまいました。


スポンサーリンク

ネットサーフィンしているだけであれば特に問題はないのですが、サイト制作などをしてる場合には「www」有りと無しは明確な違いがあり、今表示しているページがどのURLなのか正確に知る必要があります。

設定から簡単に変更できるのであれば良いのですが、以前のように常に「www」を表示させるには通常表示されていない設定画面から変更する必要があるので、ご紹介したいと思います。

Google Chrome の隠し設定画面で「www」を表示させる

隠し設定画面に入って「www」を表示させる方法はいたって簡単です。まずは下記のURLこコピーしてアドレスバーにペーストしエンターを押します。

chrome://flags/#omnibox-ui-hide-steady-state-url-scheme-and-subdomains

すると下記のような設定画面が表示されます。


スポンサーリンク

上部に黄色のハイライトで表示されている箇所が「www」を表示させるための設定項目になります。右にある「Default」になっているボタンをクリックし「Disable」に変更します。

「Disable」に変更すると下部にブラウザの再起動を促すボタンが表示されるのでクリックしましょう。

Google Chrome 69 でwwwのサブドメインを表示させるようになった

これで「www」が表示されるようになりました。

簡単でしたね。自分の居場所も明確になってスッキリした感じです!


スポンサーリンク

Google Chrome 69 でwwwのサブドメインを表示させる方法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: GEEKLY SUMMARY #117 – 株式会社GEEKクリエイターズブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です