【第3回】GCPの無料枠でdev.toなみの爆速WordPress環境を構築する(Google Cloud Platform編)

投稿者: | 2018年5月19日

注意点

先に書いておくが、筆者の経験が正しければ一年の無料利用期間がすぎても最小インスタンスは継続して無料利用できるのだが、一年の無料利用期間がすぎたら支払い登録(クレジットカード登録)が必要となるの1年後に登録を忘れないように。

Google Cloud Platform で VMインスタンスを立ち上げる

ではGoogle Cloud Platformのアカウントを持っていることを前提で進めていきたいとおもう。

新しいプロジェクトを作成

プロジェクトの選択画面

上部から「My First Project」をクリック。

プロジェクトの選択画面

するとプロジェクトの選択画面がでてくるので、「+」マークをクリックして新規プロジェクトを作成する。

プロジェクトの新規作成画面

とりあえず今回は「Docker Kusanagi WordPress」というプロジェクト名で新規プロジェクトを作成した。(作成されるまでに1−2分かかるかも。)

プロジェクトの選択画面

新規作成したプロジェクトを選んでいることを確認しよう。

新規VMインスタンスを作成

新規のVMインスタンスを立ち上げよう。

新規のVMインスタンス画面

まず左のメニューから「Compute Engine」→「VM インスタンス」を選ぶ。

新規のVMインスタンス画面

「作成」ボタンをクリックして新規のVMインスタンスの作成画面へ。

VMインスタンス作成画面

「インスタンスの作成」でインスタンスの構成を設定していくが、間違えて設定すれば費用が発生する注意して進めること。
今回は「wordpress」という名前のインスタンスを作成した。

VMインスタンスのゾーン設定

VMインスタンスゾーン画面

ここでは「ずっと無料枠」が適用されるUSリージョンのゾーンを選ぶこと。「us-central1-a」を選んでおけば問題ないだろう。

VMインスタンスのマシン設定

VMインスタンスマシン画面

マシン設定も無料枠を適用させるのに大事なポイント。必ず最低スペックの「micro(共有 vCPU x 1)メモリ 0.6 GB f1-micro」を選ぶこと。

VMインスタンス無料枠画面

うまく無料枠が選択されていれば右に「今月の f1-micro インスタンス使用量は、最初の 720 時間分が無料です。」と表示される。もしこの文言が表示されていなければ、無料枠でない可能性があるので、再度、選択したゾーンとマシンの設定を確認すること。


スポンサーリンク

VMインスタンスのブートディスク設定

「KUSANAGI Runs on Docker」で構築するのでコンテナ運用に適した「Container-Optimized OS (Stable)」で構築したいところだが、Swap領域を設定できた方が安定して運用できているので今回は「Ubuntu 16.04 LTS」で構築することにした。何度か「Container-Optimized OS (Stable)」で構築したが一週間に一度は何かしらの原因でサーバーが停止ていた。(最新の18.04 LTSもラインアップにあるが以降の手順(Docker周りの構築)では動作しないコマンドがあるので「Ubuntu 16.04 LTS」で構築すること。紹介してる手順以外でDocker周りを構築できるのであれば最新の18.04 LTSで構築してもいいかも)

VMインスタンスブートディスク画面

ブートディスクの種類も無料枠に関係するので「標準の永続ディスク」を選ぼう。サイズは30GBが無料枠の最大容量となっているので、最大の30GBに設定しておく。

ブートディスクの設定ができたら「選択」をクリックしよう。

VMインスタンスのファイヤーウォール設定

VMインスタンスファイヤーウォール設定画面

サイト運用を目的としており、KusanagiでSSLの設定もするので、ファイヤーウォールでは「HTTP トラフィックを許可する」「HTTPS トラフィックを許可する」にチェクを入れてく。

上記の設定が済んだら「作成」ボタンをクリックして新規インスタンスを作成しよう。

VMインスタンスに外部IPアドレスを設定

最後に構築したVMインスタンスに外部IPアドレスを割り当てよう。

外部IPアドレスメニュー画面

左のメニューから「VPC ネットワーク」→「外部IPアドレス」を選ぶ。

外部IPアドレス設定画面

上部の「静的アドレスを予約」をクリックし、外部IPアドレスの設定を行う。今回、名前を「ip-wordpress」とした。

「リージョン」には先程作成したVMインスタンスのリージョン(今回の場合は「us-central1-a」)を当てる。すると「接続先」で先程作成したVMインスタンスの「wordpress」を選ぶことができる。

外部IPアドレス設定済み画面

すると上記のように「wordpress」のVMインスタンスに外部IPアドレス「ip-wordpress」が割り当てられる。
新しく作った外部IPアドレスをインスタンスなどに関連付けさせていなければ課金されるので要注意。もし作成したインスタンスを削除した場合は、必ず作成した外部IPアドレスも開放させること。

【第3回】GCPの無料枠でdev.toなみの爆速WordPress環境を構築する(Google Cloud Platform編)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: GCP+KUSANAGI Runs on DockerによるWordPress環境構築の備忘録。 – Siren.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です